日焼け止めの作り方について

市販では様々な日焼け止めが販売されていますが、敏感肌のため市販の日焼け止めは苦手な人もいます。
そんな人にオススメなのが手作りで作る、自作の日焼け止めです。
自作であればスキンケアを同時に行ったり、オイルフリーなさっぱりな仕様なんのものや美白効果を得ることができたりするほか、使い心地の軽いものなど様々な効果のものを作ることができます。
簡単な作り方としては、市販されているミクロ二酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線反射材や散乱材を使ったものが基本となります。
ミルクタイプの作り方としては、フェイス用の乳液ベース、ラベンダーウォーター、液体二酸化チタン、植物性グリセリンと入れるためのボトルを用意します。
清潔な小皿に乳液ベースとラベンダーウォーターを入れてよく混ぜます。次に液体二酸化チタンを入れて、グリセリンを入れたらまたよく混ぜ合わせて、保存容器に入れたら完了です。
二酸化チタンが底に沈むことがあるため、使用するときには振ってから使用します。
より高い効果の得たい場合には日焼けしにくくなるビタミンAを配合したクリームも効果的です。
ナイトクリームベース、ミクロ二酸化チタン、ビタミンAマイクロカプセル、ラベンダー精油を用意したら、クリームベースに半分の二酸化チタンを混ぜあわせます。清潔な棒や箸などを使ってゆっくり混ぜ合わせていき、綺麗に混ざったら残りのクリームベースと二酸化チタンを混ぜます。
綺麗に混ざったらビタミンAを混ぜ、最後にラベンダー精油を加えて混ぜて出来上がりです。清潔な容器に移して保存します。日焼け止めランキングを参考に見つけてみましょう。