10万借りたとしたら消費者金融の金利は何%?

総量規制対象外カードローンの金利というのは上限が法律で決まっているので、一定の金利以上になることはありません。
しかし、金利をあまり高く設定をすればライバルに客を取られてしまうだけなのでどこの消費者金融の金利も基本的には、低いことを謳っているものが多いものです。
なかには銀行並みの低金利を売りにしていることも多いものですが、これは借入額が大きい場合に限った話であり少額の際には適用されないことが少なくありません。

10万円借りた場合の金利としては、上限の年利18パーセントに設定されているケースが多いものです。
これはどのような業者もあまり変わらず、それだけに実際に借りる時には業者を気にせずに借りても問題ないということになります。
18パーセントというと非常に高額の金利ではありますが、年利ですから10万円を借りて1年後に返済をするのであれば11万8千円を返すということになります。
しかし、現実的には毎月決まった金額を返済することになりますから実際負担する金利は更に少なくなります。

少額の場合には、金利を安くしすぎてしまえば業者側としては全く儲けにならなくなってしまうので、基本的に高金利の設定となっています。
少額なので金利が高くてもそれほど大きな負担にならないように思えますが、甘く考えていると僅かな金額にもかかわらずいつまでたっても借金を返済することができないということになるので、少額だからといって甘く考えているとリスクがあるので注意をしましょう。